中国の新聞より。マッサージや気功の可能性

中国の新聞『自由時報』より、コロナウイルスによる肺炎を西洋医学に併せて、漢方で効果を出しているという記事です。

武漢肺炎疫情延燒,中國國家主席習近平指示治療要結合中西醫,醫療部門開始推動中藥治療,根據湖北省衛生健康委員會數據,湖北的中藥使用率已超過8成,並指患者病情有顯著改善。但也有美國專家認為,中藥能否治療武漢肺炎,還需審慎評估。綜合媒體報導,湖北省衛健委指出,自疫情爆發以來,該省堅持使用中西醫結合的方式治療患者。截至2月16...

漢方薬のほか、マッサージ、気功、鍼、太極拳なども治療メニューに取り入れて、東洋医学が効果を上げているようですね。

指圧師としては、暗闇のなかに一筋の光明となる嬉しいニュースです。

指圧やマッサージ、気功、見えないエネルギーの可能性は、まだほんの一部しか知られていないと思っています。

本来は国家資格(あん摩マッサージ指圧師免許)が必要となるマッサージも、法律のグレーゾンをついた昨今の「もみほぐし」ビジネスの拡大によって、すっかり安売りの慰安になってしまった感がありますが、本来は健康のため、病気の予防や治療のために行う専門技術です。

ところで、マスクは相変わらずどこに言っても品切れのようですが、昨日手稲区のホームセンターによったら、大量のトイレットペーパーやティッシュボックスを、カートにうずたかく積んでる人たちでレジに列ができていました。

トイレットペーパーが品薄になるというのは「デマ」なようですが、不安や恐れから周りのことを考えずに買い占めに走ってしまって、本当に必要な人が買うことができなければ本末転倒です。

このような、不安に駆られ買い占めに走ってしまう心理は、1973年のオイルショックによるトイレットペーパー騒動からほとんど進歩していないのかもしれませんね。

追い詰められたとき、人間性が剥き出しになります。こんなときこそ、冷静さが求められます。

ちょっとスピリチュアルの話をすると、今回のコロナの騒動によって、見えないエネルギー体である「アストラル体」が過剰にはたらいています。

「アストラル体」に支配されてしまうと、行動は感情的になり、利己的になり、「自分さえよければいい」という、知的ではない行動をとってしまいます。

今回のマスクやトイレットペーパーも、思いやりと冷静さがあればこんな状況になっていないはずです。(もちろん、それ以前に政府の初動に問題があるのは言うまでもありません)

対局にあるのが、「メンタル体」です。これは知的で冷静な「からだ」になります。魂に近いのもこのレベルです。

こころとからだの健康を考えたとき、もちろん後者のメンタル体主導で生活するのが理想です。

実は、多くの病気の原因がこのアストラル体にあると言っても過言ではありません。アストラル体から、つまりバランスを崩した偏った感情のエネルギーから、多くの病気が生まれるのです。

自律神経や、ホルモンバランスの乱れも、その顕著なものです。自分自身の健康のためにも、恐れすぎず、落ち着いて、冷静に行動することが求められます。

手洗い、うがい、睡眠、目的もなく人混みにいかないなど、当たり前のことを徹底しながら、どっしり構えていましょう。リラックスしましょう。

なんだかダラダラと長くなってしまいました。本日も受付しています。

トップへ戻る