感情(ストレス)が病気をつくる

多くの病気の原因は、「ストレス」が関係しています。

肉体的なストレスもありますが、特に感情的なエネルギーの偏りは病気を引き起こしやすい。

東洋医学では「内因」として、エネルギー医学では「アストラル体の病」として、感情が多くの病気の原因として考えられています。

特に「怒り」「イライラ」「考えすぎ」「心配しすぎ」、このあたりの感情には要注意です。

健康になるために、〇〇を食べちゃダメとか、〇〇を飲まないとダメとか、そこに神経質になりすぎると、かえってストレスが増えて本末転倒になってしまいます。

完璧主義にならずに、ゆるく、楽しく、適度に「あそび」をつくりながら、感情的にならずに淡々と規則正しい生活を送るのが、心と身体の健康にとって望ましいと思います。

トップへ戻る