指圧とリラックス

ツボを押す指に余分な力が入っていたら、心地よい指圧にはなりません。

良い指圧のためには、握手するような感覚で、包み込むようにツボに触れること。

なんとかこのコリをほぐしてやろうと意気込んで、力任せにグイグイもみほぐしてしまうと、あとで揉み返しに泣くことになります。

ボクシングでいうなら、ガードの上からガンガン殴っている状態で、効果も期待できません。ガードを下ろしたところにスコーンと入れるからこそ、力など使わなくてもツボに響くのです。

指圧(マッサージ)する側も受ける側も、ノーガードで、リラックスすることで施術の効果が高くなります。

ふだんのセルフケアでも、マッサージする手はやわらかく脱力することがポイントとなります。

トップへ戻る