腎虚を予防する生活習慣

五臓の腎にたくわえられているのが、腎の精気です。

腎の精気が少なくなった状態を「腎虚(じんきょ)」といいます。腎の精気は20〜40才をピークに、通常年齢を重ねるにつれ徐々に減っていきます。

腎虚の症状としては、耳鳴り、難聴、精力不足、頻尿、足腰の衰えなど、いわゆる加齢によってよく見られるものです。

腎虚をできるだけ食い止める方法は、精気を減らさない生活習慣。寝不足や運動不足、不摂生にならないように規則正しい生活をおくること。

食べものでいえば、山いものような「ねばり」のあるものや、黒豆、くるみなどがおすすめです。

トップへ戻る