五臓六腑とは

五臓六腑(ごぞうろっぷ)は、東洋医学で考える内臓のこと。

五臓が、肝・心・脾・肺・腎。

六腑が、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦。

それぞれの臓腑は現代医学の内臓と似ている部分もありますが、イコールではありません。

たとえば五臓はそれぞれ独自の意思をもっていて、他の臓腑とのバランスをとりながら生命活動を営んでいるという考えです。

脳が唯一の思考する器官と考える現代医学とはだいぶ違いますね。

そして、これら五臓六腑の気血のバランスを整えていくのが、経絡に沿った指圧なのです。

トップへ戻る