「寝る子は育つ」良質な睡眠で分泌する成長ホルモン

成長ホルモンは脳の下垂体前葉から、睡眠中に多く分泌されます。

「寝る子は育つ」と言いますが、成長期の発育だけではなく、怪我の回復や肌の新陳代謝、脂肪の分解、骨や筋肉の成長も、睡眠中の成長ホルモンが鍵を握っているのです。

とくに寝入りばな3〜4時間は重要で、深い眠りにつく最初のノンレム睡眠時に分泌のピークがあります。

そのため、美容と健康を考えるとき、まず最初にチェックしなければいけないのが睡眠についてです。

睡眠時間を優先的に確保し、ぐっすり眠れるためにできることを見つけ、毎晩成長ホルモンをたくさん出していきたいところです。

指圧やマッサージも、良質な睡眠のために大いに役立つものです。成長ホルモンのために施術を受けるというのも良いかもしれません。

トップへ戻る