「調子が良い理由」を考える

風邪を引いたとき、腰を痛めたときなど、「どこで移されたんだろう?」「姿勢が悪かったのかな?」と原因を考えると思います。

でも調子が良いときって、「何が良かったんだろう?」とは、あまり考えないんですよね。

うまくいったときのことも、ちゃんと原因があります。それに気がつけば、意識して再現することが可能になります。

良くも悪くも、今日のコンディションをつくった原因を考え、生活をコントロールしていく。

ストレスが多ければ壊れる前に対処しなければいけないし、食事に問題があるようなら変えていかないといけません。

自分自身を観察することで、見えてくるものがあるはずです。

トップへ戻る