雨の日に気をつけたい「湿邪」

おはようございます。

天気予報見ると、今日は一日中傘マークがついてます。

もし衣服が雨で濡れても、そのまま身につけていてはいけません。

東洋医学で、病気の原因となる「湿邪」という邪気が体内に入りやすくなります。

本来は湿気の多い夏場や梅雨時に多いのですが、雨の日にも気をつけたい邪気です。

湿邪におかされると、気血や津液(しんえき)の流れが停滞します。津液とは、身体の水分のことです。

全身が重だるくなったり、下半身がむくみやすくなります。お腹がゆるくなることもあります。一度体内にはいると抜けにくい厄介な邪気なのです。

服は濡れたまま放置しないことですね。

トップへ戻る