「気」のはたらき

東洋医学では、すべてのものは「気」でできていると考えられています。

そんな「気」のはたらき(作用)は、以下の6種類に分けることができます。

  1. 推動(すいどう):臓腑や血(けつ)の流れを促進する。
  2. 防御(ぼうぎょ):邪気の侵入を防ぎ、病気を予防する。
  3. 温く(おんく):体温を保ち、臓腑を温める。
  4. 固摂(こせつ):異常な発汗や、尿、出血を抑える。
  5. 栄養(えいよう):体の各部に栄養を与える。
  6. 気化(きか):気や血、体の水分を相互に変化させる。

たとえば、気が不足すると、3番の「温く作用」が低下して冷え症になったり、4番の「固摂作用」の低下によっておこる、頻尿や下痢、尿もれなどが考えられます。

感染しやすい、風邪を引きやすいというのも、2番の「防御作用」の低下ですね。

気が十分に流れている「元気な人」は、冷えもなく、便の状態もよく、病気にもかかりにくいものです。

気を補うには、気功や指圧はもちろん、「食事・運動・睡眠」の、日常生活における健康の基本をおろそかにしないことです。

トップへ戻る