大宇宙と小宇宙

宇宙のすべてのものは、まるでひとつのものであるかのようにつながりあっていて、そのさまざまな部分は、われわれ人間の臓器や器官のように、たがいに依存しあっている。

どのひとつのささやかな変化も全体に影響をおよぼす。人間の生命活動はその宇宙に支えられている。

したがって、人間はたんに地球の住人であるだけではなく、目に見えるもの、見えないものをふくむ、宇宙のすべての部分の住人である。

ロバート・C・フルフォード&ジーン・ストーン『いのちの輝き──フルフォード博士が語る自然治癒力』

大宇宙と、小宇宙。

大きな自然災害があると、人間(小宇宙)が大宇宙とともに生きていることを思い出します。

今日は、ぜん治療院の本棚の一冊から、抜粋させていただきました。


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 (amazon)

トップへ戻る