予防指圧。上工は未病を治す。

中国の古典に「上工は未病を治す」という言葉があります。

上工(名医)は、病気になる前の段階で治すという意味で、病を未然に防ぐこと(予防医学)がもっとも賢い治療ということです。

なんとなく調子悪い、元気がない、身体がだるい。病気ってわけじゃないけど、便秘だし、いつも肩はこっているし、健康でもない……。

指圧や気功は、そんな「未病(みびょう)」の段階で特に力を発揮します。心と身体の健康に役立てて欲しい養生法です。

トップへ戻る