マッサージ中にお腹がなるのは良いことです。

指圧やマッサージには、筋肉のコリをほぐすだけではなく、便秘の改善やホルモンの分泌をうながすなどの、内臓機能を調整するはたらきもあります。

生理学の専門用語を使うと、「体性ー自律神経反射」というやつです。

たとえばマッサージを受けると眠くなることが多いと思います。

それは身体への刺激(体性)から、副交感神経のスイッチが入って(自律神経反射)、自律神経がリラックスモードに切り替わっているということ。

このとき、胃腸の働きは活発になっています。マッサージ中にお腹が鳴ることも多いですが、これも副交感神経の反応。腸がよく動いている証拠です。

「お腹がなって恥ずかしい」という声をたまに聞きますが、からだ的にはとても良いことなのです。

トップへ戻る