力を使わない指圧

2019年8月23日(金)🌨

ぜん治療院の指圧は力を使いません。けどソフトでもないと思います。

ツボによってはかなりズーンと響くので、「力を使ってないなんて嘘でしょう?」となるのですが、ツボを的確におさえるだけで十分な刺激が入るのです。

圧の調整は体重の乗せ方次第ですが、体重を乗せるという意識が強過ぎてもまた肩に力が入って不快な指圧になります。ポイントは脱力です。

指圧の手順は、⑴ツボをみつける、⑵ツボと指圧の指を一体化させる、⑶肩の力を抜いて体を預ける……この意識で指圧をすると筋肉にダメージを与えず、ツボに心地よい響きを与えることができます。

指圧しながら、経絡を流れる気の流れに思いを馳せ、エーテル体(肉体のエネルギーの器)の循環をイメージします。

これは学校で習った方法ではありませんが、ぼくはこんな感じで指圧をしています。

トップへ戻る