頭痛

頭痛とは

頭痛娘

寝不足で頭がズキズキと痛い、動くと痛みが強くなる、首から頭全体にかけて重たい…。

一口に「頭痛」と言っても、その原因はさまざまです。

もっともよく見られる慢性的な機能性頭痛や、くも膜下出血などの原因疾患から引き起こされる緊急を要する頭痛もあります。

ここでは指圧やマッサージが効果的な慢性頭痛(機能性頭痛)を中心に紹介していきます。

慢性頭痛

緊張型頭痛

日本ではもっとも多い頭痛のタイプです。頭全体から首の後ろにかけて、全体をしめつけられるような持続性の鈍痛があります。

肩こりや首こりの症状を伴うことが多く、肩周りの緊張や精神的ストレスによって誘発されます。男女差はあまりみられません。

片頭痛(偏頭痛)

血管性頭痛の代表的な症状です。頭の片側に発作的にあらわれ、脈打つような痛みや吐き気を伴うことがあります。

こちらもストレスが引き金となり、女性に多くみられます。

典型的片頭痛

頭痛がおこる前に、視界が「チカチカ」する閃輝暗点(せんきあんてん)や、見える部分が狭くなる視野狭窄(しやきょうさく)などの症状がみられます。

1時間ほどでピークに達し、吐き気を伴います。充分な休養と睡眠をとることで軽快します。

普通型偏頭痛

心身のストレスによっておこる代表的な頭痛です。仕事の後など、ストレス状態から解放された後におこることが多い頭痛ですが、典型的頭痛にあるような視界が「チカチカ」するような症状は見られません。

群発頭痛

20〜40代の男性に多く、血管が拡がることによっておこると考えられています。

アルコールによって誘発されることが多く、片側の目の奥の激痛や結膜充血などを伴います。

東洋医学で考える頭痛

外感性頭痛

外部から「邪気」が侵入したことによって、気血(きけつ)の流れが悪くなりおこる頭痛。

つまり、薄着で冷たい風に当たったり、雨で服を濡らしたまま過ごすことが原因となります。

風寒タイプの頭痛

  • 風に当たると悪化
  • 首の後ろの痛み
  • 寒気を伴うこともある

風湿タイプの頭痛

  • 頭全体を締め付けられるような重たい痛み
  • 全身が重だるい
  • 下痢や食欲不振を伴うこともある

内傷性頭痛

ストレスや自律神経の乱れによって、内臓の機能失調が起こり脳に使うエネルギーが低下したためにおこる頭痛です。

特に、東洋医学の「肝・腎・脾」の機能低下によって特徴的な症状があらわれます。

肝陽頭痛

ストレスなどによって、「肝」のエネルギーが強くなりすぎて起こります。

【症状】:頭痛、めまい、イライラ、怒りっぽい、脇の痛み、口の苦味、頭皮がぶよぶよする

痰濁頭痛

消化機能をつかさどる「脾」のはたらきが低下し、湿(水分)が停滞しエネルギーが脳に充分に巡らないことでおこる頭痛。

【症状】:頭痛、頭が重たい感じ、頭がぼーっとする

気血両虚の頭痛

栄養バランスや飲食の不摂生、考えすぎによって「脾・胃」が弱まります。それによってエネルギーの元である気血(きけつ)を作れなくなることで、脳の栄養不足がおこり頭痛となります。

【症状】:頭痛、めまい、動悸、過労によって悪化する

腎虚頭痛

加齢や節度のない性生活によって、「腎」の気を消耗し、脳へエネルギーが供給されずに頭痛が生じます。

【症状】:頭痛、頭の中が空っぽのような感覚、膝腰のだるさや脱力感

瘀血頭痛

血の流れが悪くなる「瘀血(おけつ)」という症状よっておこる頭痛です。頭のケガや、慢性的な生活習慣によって血液がドロドロになることで引き起こされる頭痛です。

【症状】:固定制の頭痛、刺すような痛み

トップへ戻る