腰痛

腰痛とは

「腰痛」で悩んでいる人は多いと思います。腰痛の原因は様々で、特に多いのは筋肉の疲労や不良姿勢による腰痛、関節や神経による腰痛です。

また、内臓由来による腰痛も多く、腎臓や泌尿器、婦人科系疾患からおこるものもあります。

主な腰痛

椎間関節性腰痛

脊柱の関節(椎関節)が原因となっておこります。急性症状である「ギックリ腰」や、椎間関節の「捻挫」などがあります。

筋・筋膜性腰痛

腰をひねったり伸ばしすぎることによっておこる、筋肉や筋膜(筋肉を包む膜)の炎症による腰痛。背骨を両側にある脊柱起立筋によくあらわれます。

腰部変形性脊椎症

加齢により脊柱や周辺組織に変性(変形)がおこり、それが原因となってあらわれる腰痛。腰のだるさや重たさ、運動後の腰痛、足のしびれ、冷感など伴うことがあります。

姿勢性腰痛

長時間のデスクワークなど、同一姿勢を続ける日常生活動作によっておこる疲労性の腰痛です。ソファで寝っ転がってスマホを見ることが多い人も注意が必要です。

脊椎すべり症

部活などで激しいスポーツを行う成長期に多く、腰部の関節(椎間関節)に繰り返し与えられるストレスによって、骨が壊れたりずれたりすることによっておこります。

スプラング・バック

力仕事や、激しいスポーツをする人に多い腰痛です。腰の下からお尻(腰椎から仙骨)にかけて痛みがあり、下部腰椎周辺のじん帯(棘上靭帯・棘下靭帯)が伸びたり、炎症、断裂をすることで発症します。

トップへ戻る