自律神経失調症

自律神経失調症とは?

慢性的なストレスや生活習慣によって自律神経のバランスが乱れると、めまいや動悸、息切れ、不安感など心と体に多くの症状が出てきます。病院で検査をしても臓器などに特に異常が見つからないにも関わらず、全身に様々な不調を訴えるようになります。

「自律神経失調症」という独立した病気があるわけではなく、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態を総称していいます。

交感神経と副交感神経

自律神経は身体の機能を自動調節する大切な神経。心臓や血管などの循環器、胃腸などの消化器や呼吸器など身体を自動調節をしています。自律神経は交感神経副交感神経という2つの神経系に分けられます。交感神経と副交感神経は反対の性質をもち、シーソーの関係に例えられます。

自律神経のバランス

交感神経

運動したり、精神的な興奮や緊張がある時に働きが強まります。敵と戦うためには、筋肉(骨格筋)に血液を送らなければいけません。戦わずに逃げる時にもたくさんの酸素とエネルギーが必要です。

そのために心臓はバクバクと心拍数は上がり、酸素を取り込むために呼吸も促進されます。こんな時にゆっくり食べ物を消化している余裕はないので、胃腸の運動や消化液の分泌は抑制されます。

副交感神経

反対に、のんびりしているときやリラックスしているときは副交感神経が働いています。心拍数は減少して、呼吸も落ち着いています。消化管の運動も活発で、食べ物の消化や排泄も進みます。

平日は便秘がちだけど、休みの日は便がよく出る人も多いと思います。それはリラックスして副交感神経がよく働いている証拠です。

自律神経失調症の症状と原因

自律神経のバランス

あらわれる症状

めまい、耳鳴り、緊張する場面じゃないのに動悸、朝起きれない、夜眠れない、吐き気、イライラ、生理不順、ED、情緒不安定、憂鬱感、便秘、下痢、腹痛、頭痛など

主な原因

自律神経失調症は不規則な生活習慣、精神的ストレス、睡眠不足、過労、過度の飲酒、薬物、ホルモンバランスの変化など

自律神経失調症の改善法

ストレス管理と規則正しい生活を

自律神経を整えるには、まずはストレスの原因となっているものを出来るだけ取り除き、心身の負担を軽減することです。生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけましょう。

リラックスするためにできること

指圧、マッサージ、気功、瞑想などは自律神経失調症に有効です。副交感神経が優位となり、血行を改善し乱れた自律神経のバランスを整えます。

トップへ戻る