指圧のコツは、力で押さずに指を沈める。

「押すこと」に意識が集中しているとき、大抵は力任せの指圧になっています。力任せでは外部の圧から身を守るために皮膚は緊張し、筋肉が固くなってしまいます。過剰なダメージは揉み返しの原因にもなるので注意が必要です。

ボクシングでいうなら、ガードを固めている相手に対して力任せにパンチを浴びせているのと一緒です。ガードの上からでもある程度は効くでしょうが、お互い無駄に体力を消耗してしまうでしょう。

「押す」という行為にとらわれず、ツボの状態を感じ取るように、脱力して指先をそっと沈めていきます。使い慣れた枕に、頭をのせるようなイメージ。自分の身体を支えるように、腕を預けてしまうのです。

コリコリとしたもの、弾力少なく力なくへこむもの、ツボの状態はさまざまです。感触を確かめながら、ズーンと響く心地良さを探します。そのとき生命のヒビキもおこり、気血が流れていきます。

「力を抜きながら押す」

矛盾しているようですが、指圧する方もされる方もダメージが少ない、効果が高い技術です。ご自分の身体で、大切な人の身体で試してみてくださいね。

セルフケアについての過去記事↓

トップへ戻る