ふくらはぎマッサージで血流改善

「ふくらはぎ」は第二の心臓と言われるくらい、血液循環に重要なところです。

血液は心臓から勢いよく全身の動脈に送り出されます。そして動脈から毛細血管を介して、静脈を通り再び心臓へと戻ってきます。

弾力がある動脈と違って、壁が薄く伸びやすい静脈は、心臓まで血液を戻すのが大変です。この時に助けとなるのが「筋肉のポンプ作用」で、筋肉の収縮と弛緩によってポンプのような役割します。

特に体から一番離れた場所にある「ふくらはぎ」は、強力な筋ポンプとしてはたらきます。

ふくらはぎマッサージ

「ふくらはぎマッサージ」をすることで血液やリンパの流れを促すことができます。

全身の血行が良くなるので、足が軽くなるだけではなく肩こりや頭痛、便秘にも効果的です。

期待できる効果の一例

  • 血行促進
  • 脚のむくみ(脚やせ)
  • 便秘
  • 冷え性
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 高血圧
  • 尿を出やすくする
  • 心疾患の予防
  • 疲労回復など

セルフふくらはぎマッサージの方法

ふくらはぎマッサージ

まずはふくらはぎを触診してみましょう。血の流れの悪い時や、疲労が溜まっている時ほど冷たく硬くなっています。

最初は痛みを伴うかもしれませんが、お風呂上がりなどは筋肉も温まりマッサージもしやすいのでおすすめです。

膝を曲げて座ったまま、両手でふくらはぎを丁寧にマッサージします。ほぐれてくると、ふくらはぎに柔らかさが出てきて、全身もポカポカしてくるはずです。

ふくらはぎにある排泄系のツボ

ふくらはぎの真ん中のラインは、「膀胱経」という経絡(ツボの通り道)があり、排泄に効果の高いツボが並んでいます。

「ズーン」とイタ気持ちい刺激があるところを、柔らかさが出てくるまでじっくり指圧してあげましょう。

承山(しょうざん)は、便秘や腰痛におすすめのツボのひとつです。

ツボ 承山

トップへ戻る