ピリピリふわふわ。レイキ(気功)の感覚について

氣

レイキを受けて、「気の感覚」を体験すると驚かれる人が多いです。

ぼく自身は10年以上前になりますが、「からだにはこんな秘密が隠されていたのか!」と感動したものです。
長年住んでた家に屋根裏部屋を発見したような、愛用のバッグに隠しポケットを発見したかのような、そんな驚きです。(例え下手)

レイキの感受性は人それぞれですが、ほとんどの人が何らかの気の感覚がわかります。

気の感覚は「ピリピリ、チクチク、ふわふわ、くっつく感じ、引っ張られる感じ、磁力感、温感、重量感」などなど。
中には「気」がからだのどこに流れているのかわかる人もいます。

特に手のひらは感じやすいので、自分の手のひら同士を「ゆっくり近づけたり離したり」してると、敏感な人だとすぐに感覚をつかめるかもしれません。

気の流れがよくなることによって、心は整い、体は健康になり見た目にも良い変化があらわれてきます。
内的な変化が起こると、表面上の姿も変わってくるものです。

著名人にもレイキや気功を実践している人は多いですが、モデルの「ミランダ・カー」もレイキをやってるとか。納得。

トップへ戻る