「気功って誰でもできますか?」

「気功やレイキって誰でもできるんですか?」よく訊かれる質問です。

それに対し僕は「できますよ〜」とあっさり答えています(笑)

そう言うと、「えっ、できるんですか?」と少々拍子抜けした反応が多いです。

みなさん、頭痛の時には頭に手をあて、足をぶつけた時は足をおさえますよね。無意識に患部に手を当てているはずです。

だから誰でも「気功」や「レイキ」などのヒーリングは、本能的にやっているんです。

ハグや握手も、チャクラを通した気(エネルギー)の交換です。言葉だけよりも遥かに「こころ」が伝わるのは、そこに言語を超えたエネルギーのコミュニケーションがあるからです。

気のレベルで言ったら、スキンシップが親子や夫婦間で大切なのは言うまでもありません。抱っこもされずに、言葉だけで“あやされている”赤ちゃんはあまりいないですよね。

そして、そのような見えない「気」のエネルギーを、意識的に流すことができるのが、気功師やヒーラーです。

人の気の状態をスキャンして、手でその感覚を感じ取るにはそれなりの経験や感性、手の敏感さは必要だと思います。

少なくとも、自由自在に手のひらや指先で気をコントロールできるところまでは、気功の基礎的なスキルとして身に付けたいところです。

さらにその気の状態の意味を紐解いて、「知識」として気やエネルギーのメカニズムを学んでいかなければいけません。

もちろん、解剖学や生理学など「肉体」の仕組みについても知っている必要があります。特に気功やヒーリングを本格的に行うためには、自律神経系と内分泌系の学習は必須です。

ただこれはプロレベルの話で、自分や家族の健康を手助けしたい場合などは、そこまで深く学ぶ必要はないでしょう。

実際に気功をやってみたい方は、まずは自分の手のひら同士を近づけたり離したりしながら、温かい感じやピリピリとした感覚をつかむところからはじめてみるといいと思います。

トップへ戻る