スピリチュアリティは当たり前の日常の中に

日常は物質社会で思考がマヒしているので、「気」や「目に見えないエネルギー」などはマユツバと思っている人もまだまだ多いと思います。

けど、出産や重い病気からの回復、または亡くなった人を送るときなど、非日常な「何か」があれば、人は人智を超えたものに対し、自然と祈らずにはいられないのではないでしょうか。

「与えられっぱなし」の宇宙からの恩恵を、忘れることができるという幸せ。

本当は、匂いがわかること、言葉を話せること、普通に食事ができること、手足が動くことさえ、すごいことなんです。

「気」は目に見えないエネルギーなので、実際にわかったときは驚きと共にハマっちゃいますが、スピリチュアリティは目に見えている「当たり前の日常」に隠れていることも忘れていはいけません。

トップへ戻る