腎虚には「よく寝、よく食べ、よく歩く。」

東洋医学では、五臓六腑の「」が弱った状態を「腎虚(じんきょ)」とよびます。
通常は歳を重ねると共に「腎」の気は徐々に減っていきますが、若い方でも出産や不摂生などで腎を消耗させ、腎虚の症状が出ることがあります。

「腎」は、発育成長や生殖、妊娠や出産といった生命エネルギーの源。

栄養不足、睡眠不足、運動不足、不摂生な生活は「腎虚」の元です。

こんな症状がめだってきたら、生活習慣を見直してみましょう。

腎虚の主な症状

  • 体がだるい
  • スタミナ不足
  • 忘れっぽい
  • 手足がむくむ
  • 手足に冷えを感じる
  • 耳が聞こえにくい(難聴)
  • トイレが近い(頻尿)
  • 足腰がだるい
  • 抜け毛や白髪が増える
  • 不妊・精力減退
  • めまい

体がだるい、疲れやすい、手足がむくむ、スタミナがない・・・。
どれも思い当たるところがあるかもしれません。それでは、腎虚を改善して元気を取り戻すためには何をしたらいいのでしょうか。

腎虚をなおしたい!改善する方法は?

肉をしっかり食べる

腎虚にステーキが素敵

「きんは100歳、ぎんも100歳〜」で有名な双子の金さん銀さんも、好物は「お肉」だったそうです。

腎虚を改善するには、「粗食」ではいけません。良質なタンパク質、脂質、ビタミンや鉄分をしっかりとる必要があります。

おすすめは「お肉」、「お魚」など、脂が乗ったものを選びましょう。
同時に、ご飯やパン、麺類などの炭水化物(糖質)を少なめに。

タンパク質は筋肉の材料になるのはもちろん、ホルモンや免疫系などあらゆる生命活動に必要なものです。

タンパク質のはたらきの例

  • 細胞を構成する(アクチン)
  • ホルモンで体を調節する(インスリン)
  • 筋肉の運動(アクチン、ミオシン)
  • 酸素を全身に運ぶ(ヘモグロビン)
  • 免疫力を高める(免疫グロブリン)

※かっこ内は関与するタンパク質の名称

ネバネバしたもの、黒いものも積極的に

さらに、腎を補うには「オクラ」などのネバネバした食べ物や、黒豆や黒ごまなどの黒いものがいいとされています。
ただし山芋や煮豆は糖質も多く含むので、食べ過ぎには注意しましょう。

【腎虚にいい食べ物】オクラ、山芋、なめこ、くるみ、ニラ、黒豆、黒ごま・・・

足腰の血行をよくする

「腎」の衰えは下半身にあらわれます。歩くことは、足腰を鍛え全身の血行を促します。
無理のない範囲で筋トレを行い、毎日歩くことをおすすめします。

ふくらはぎマッサージ

ふくらはぎには「腎」以外にも、むくみや排泄をうながすツボが並んでいます。
お風呂上がりやお休み前など、いつでもマッサージしてあげましょう。

腎虚にいいツボ

湧泉(ゆうせん)

足の指を曲げると、真ん中にできるくぼみがあります。そこをじっくり指圧してあげましょう。
腎の気を補う「元気が出るツボ」です。

ツボ押し・湧泉

トップへ戻る