「眠れるようになりました。」睡眠と成長ホルモン

「以前はいつも夜に眠れるかどうか心配でしたが、最近は家に帰ったらすぐに眠くなります。」

今年の1月から定期的に通われている男性より。治療のゴールにはまだ届いていませんが、主訴以外にも気になっていた部分が改善されていくのはとても良い変化です。

睡眠障害(不眠症)がある方にとって、「眠れる」というのは何よりの喜び。心と体の自然治癒力を発動させるために、質の良い睡眠は不可欠となります。

睡眠中にはさまざまなホルモンが分泌されています。その中でも特に重要なのが、脳下垂体前葉から分泌される成長ホルモン

「寝る子は育つ」と言われるように、成長ホルモンは身長が大きく伸びる発育期になくてはならないものです。さらに骨や筋肉の「成長」以外にも、皮膚や血糖の「代謝」にもかかわっているので、子どもから大人まで生涯にわたって必要不可欠なホルモンと言えます。

成長ホルモンのはたらき

  • タンパク質を合成し筋肉をつくる
  • 骨を伸ばし丈夫にする
  • 体脂肪を分解する
  • 皮膚の新陳代謝をうながす
  • 肝臓にある糖(グリコーゲン)を分解し、血糖値をあげ一定に保つなど

良質な睡眠」で、美容と健康に欠かせない成長ホルモンをたっぷり出していきましょう。

トップへ戻る