東洋医学的「内臓」と5つの感情

五臓と五志

東洋医学では人体の内臓器官を“五臓六腑”と表現しますが、五臓とは「肝・心・脾・肺・腎」のことをさします。

西洋医学で言う「内臓」よりも、東洋医学の「五臓」はより広い概念があり、それぞれに独自の「感情」が割り当てられ、感情の偏りによって罹りやすい病気が分類されています。

怒・喜・思・憂・恐

五臓(肝・心・脾・肺・腎)に対応する、五志(怒・喜・思・憂・恐)という5つの感情があります。

肝(かん) – 怒

怒りすぎやイライラは肝の気を頭に上昇させます。いわゆる「頭に来た!」とうい状態です。

頭に気も血も昇ってしまっているので、全身の筋肉や内臓はエネルギーが足りなくなり、血行不良となります。

そのため、肩こり、慢性頭痛、目の疲れ、筋肉の痙攣、のぼせ、足の冷え、生理痛などの症状が現れます。ストレスの多い現代社会ではとても多いタイプです。

心(しん) – 喜

喜びすぎ、はしゃぎすぎは気(陽気)を消耗させ、「心」を変調させます。

例えば久々の友人との再会にテンションが上がりすぎて、おしゃべりに夢中になってぐったり疲れたことはありませんか?

喜怒哀楽の激しい人や、しゃべり出すと止まらないタイプの人は「心」が病みやすく、狭心症などの心疾患に罹りやすい傾向があります。

脾(ひ) – 思

思い過ぎによって「脾」が病みます。「思う」とは、考えすぎること、物事にこだわり執着してしまうことです。

同じことを堂々巡りでずっと考えてしまう方です。このタイプは、甘いお菓子や、お米やパンなどの炭水化物を好んでよく食べるので、過食に注意が必要です。

脾の機能である「消化」にエネルギーを使うことで、ますます思考が働かなくなるからです。

肺 (はい)- 憂

憂い悲しむと、「肺」を病むとされています。クヨクヨし、根気がなく少々愚痴っぽい感じです。「脾」タイプよりも、ネガティブで弱々しいイメージです。

じっと横になっていたいと思いますが、寝ていると余計に気の循環が悪くなり症状が悪化します。適度な運動によって、気の巡りをよくすることが大切です。

腎(じん) – 恐

恐れは「腎」を弱らせます。恐れとはただ単に「恐怖」のことだけではなく、仕事のプレッシャー、人間関係での精神的ストレスや、一時的なショックなども当てはまります。

そういった「恐れ」が続くと「腎虚」となります。物事に対して消極的になったり、腰痛や足腰の冷えの症状、スタミナ不足、さらに性欲の減退やEDなどが現れます。腎虚も、甘い物の過食は要注意です。

トップへ戻る