夜勤で乱れがち。自律神経のリズムを刻む「体内時計」

体内時計を仕込まれた少年

体内時計」という言葉を聞いたことがあると思います。

私たち人間は、一日をとおして同じ体温、同じ血圧、同じコンディションではありません。

朝起きてすぐの状態と、仕事をバリバリこなす午後の活動時とでは、体内のホルモンや自律神経の状態は異なります。

このような一日の変動を「概日リズム(がいじつりずむ)・英語でcircadian rhythms(サーカディアンリズム)」といって、あらゆる生物は体内に時計があるかのように、約24時間周期で一定のリズムを刻んでいます。

体内時計の場所

概日リズムをつくる「体内時計」の中心は、脳の視交叉上核(しこうさじょうかく)という場所にあります。

体内時計は朝日や光の刺激によって調節されます。

自律神経とホルモンの概日リズム

自律神経やホルモン(内分泌機能)は、睡眠から覚醒時のリズムに合わせて変動しています。

体温

規則正しいリズムで、早朝がもっとも体温が低く、徐々に上昇し夕方にピークを迎えます。

血圧・心拍数

日中の活動時に高まり、夜間睡眠時に低くなります。

ホルモン

アドレナリンやメラトニンなど、ホルモンの血中濃度も、時間帯によって分泌される量が変わります。

たとえば、「副腎皮質ホルモン」の血中濃度は活動に備えて早朝に高まり、深夜にもっとも低くなります。

生活習慣で乱れるリズム

体内時計は外部環境によって大きな影響を受けています。

夜勤で昼夜が逆転した生活や、徹夜続きで概日リズムにずれが生じると、自律神経やホルモン分泌機能が乱れる原因となります。

リズムを整える

メラトニンと体温の関係

単純に夜更かしや不摂生の場合は生活習慣の見直しが必要ですが、お仕事が交替勤務型で夜勤が多い場合はそうも言ってられません。

対策としては、概日リズムに影響を与える「光」のコントロールです。

体は「光」を見るとメラトニンというホルモンのはたらきで概日リズムがリセットされ、朝だと認識して目覚めるようにできています。

夜勤帰りではなるべく光を避けて太陽を見ないように、サングラスをかけてもいいでしょう。自宅に帰ったら遮光カーテンなどで光を遮ると、スムーズに眠りにつくことができます。

自律神経を整えて眠りを誘うツボ

百会(ひゃくえ)

自律神経失調症や不眠症のほか、頭痛や耳鳴りなどにも効果がある万能のツボ。

人差し指や中指で「ズーン」とひびくところを指圧マッサージ。布団に入ったまま、あおむけでOKです。

つぼ指圧 百会

トップへ戻る