五臓六腑「心と体は相互に影響する」

緊張でお腹が痛い…。ストレスが続いて便秘になる…。

直接外部からのダメージを受けたわけではないのに、体にはいろんな症状があらわれます。東洋医学では、「内臓」を単なる臓器としてではなく、健康や病気、精神活動の中心となるものとして考えます。

五臓六腑(ごぞうろっぷ)とは?

五臓六腑

「くぅ〜っ、五臓六腑にしみわたるぜぇ…!」生ビールをぐいっと飲んでお馴染みの五臓六腑って何でしょうか。

五臓と六腑を分けてみると

五臓…(肝・心・脾・肺・腎)

六腑…(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)

五臓が生命活動の中枢としてはたらく実質器官、六腑が消化排泄のための中空器官となります。

ひとつの「臓」とひとつの「腑」の間は表裏の関係となっていて、相互に影響しています。

カラダはチクワの構造

五臓六腑を説明するぶたさん

チクワの肉の部分が「五臓」、チクワの穴の部分が「六腑」となります。こうしてみると、口から肛門は「空洞」で外の世界つながっています。

オモテとウラ

五臓と六腑はそれぞれ密接な関係があります。例えば五臓の「肺」と、六腑の「大腸」は表裏の関係。肺は呼吸のほかに全身に潤いを与え、「お肌」の状態を整えます。その表裏となるのが「大腸」です。

便秘でお肌が荒れるのは、東洋医学でも理にかなっているのです。

トップへ戻る