予防のための指圧・マッサージ

健康を考えるとき、「肉体」を「クルマ」に例えてみましょう。

生きている間は、肉体(クルマ)を管理し、食事(ガソリン)にも気をつけなければいけません。また、定期的な運動(運転)をして動かしてあげないと、エンジン周りが錆びついて動かなくなってしまいます。

「オイル」にも汚れや不足、劣化がないかもチェックしましょう。オイルは、余暇や趣味などの生活の潤滑剤です。エンジンからおかしな音がしていないでしょうか?

毎日のように舗装されていないデコボコの砂利道を走る(ストレスが多い生活)ならなおさら、メンテナンスを怠ってはいけません。予防的なケアが大切となります。

メンテナンス(予防)を定期的に行なっているクルマと、不具合が起こるたびに修理(治療)するクルマ。どちらが長持ちするでしょう。そして、どちらが高くつくでしょう。

指圧やマッサージは、自動車の車検のように2年に1度ハガキが届くわけではありません。体の声を聴きながら、主体的に管理をしていく必要があります。

健康維持として、病気の予防として、指圧・マッサージはもっとも身近で効果的な方法です。寒くなり血行が悪くなるこの季節、「故障」する前の予防的なメンテナンスをおすすめします。

【ツボ指圧一例】血流のツボ(太衝)胃痛・自律神経の調整(足三里)

トップへ戻る