腸もみ(お腹のマッサージ)

「腸もみ」ってなに?

腸もみとは、お腹を指圧(マッサージ)する技術で、便秘や自律神経失調症、全身の機能回復に効果的な手技療法です。
大腸(腸もみ)

東洋医学と按腹(あんぷく)

東洋医学では、古来よりお腹の状態をみることで、病気と健康のバロメーターとしてきました。

その腹部をあんま(指圧)する技術を「按腹(あんぷく)」といい、気血の流れを良くし、未病(みびょう)とよばれる病気未満の状態を治療するのに役立ってきました。

気の集まる「募穴(ぼけつ)」というツボも、お腹や胸部に集まっています。

腹部の反応部位

お腹には、各臓腑(内臓)に対応した反応部位があります。それらは固く芯のあるシコリとなっていたり、抑えるとヒビキがあるところがあります。そいういったコリは、反応点でもあり治療点ともなります。

※下図は、増永静人『指圧』医道の日本社(1974年)51頁を参照し作画

按腹ー反応部位

血行を良くし、リンパの流れを促進

お腹は身体の中心で、血管やリンパが集中しています。
正しくお腹を指圧・マッサージすることにより血液やリンパの流れを改善します。

「腸もみ」により胃腸の正常な働きを助け、便秘や過敏性腸症候群(IBS)を改善・予防します。

プラーナ療法(氣功)との相乗効果

ぜん治療院の「腸もみ」は、エステやリラクゼーションサロンの肉体的な「もみほぐし」とは違います。

あん摩マッサージ指圧師による技術と知識をベースに、ヒーラーによる癒しの力をミックスした、「気(エネルギー)」を流しながら行う相乗効果の高い施術です。

腸もみの施術について

腸もみって痛いの?

腸もみは最初はお腹に触れるくらいから、徐々にツボへの深い圧へと変わります。
感じ方には個人差が多いですが、お腹が冷えてたり、張っていると痛みを強く感じることがあります。

指圧は力で押すようなことは一切なく、あくまでツボに当てている反応として感じる痛みです。
腸もみにより血流が良くなり、お腹の柔らかさが戻ってくると徐々に痛みが和らいできます。

腸もみは衣服の上から行います

腸もみ

ぜん治療院の腸もみは、直接肌には触れずに衣服の上から施術します。

腸もみに期待できる疾患と効果

便秘、ダイエット、過敏性腸症候群(IBS)、自律神経失調症、お腹の張り、ガス、下痢、腹痛、ストレス、冷え症、肌荒れ、生理痛、月経前症候群(PMS)、腰痛、吹き出物、うつ病、免疫力の向上など

トップへ戻る