【消化と吸収】胃の構造とはたらき

胃の構造

胃の構造

胃(胃袋)は、食べ物を受け入れる袋状の臓器です。食道からつながる、胃の入口を噴門(ふんもん)、出口を幽門(ゆうもんといい、幽門から十二指腸へとつながります。

噴門と幽門の間にある胃体(いたい)は、胃の大部分を占めます。

噴門と幽門

入口の噴門には噴門括約筋(ふんもんかつやくきん)が、出口の幽門には幽門括約筋(ゆうもんかつやくきん)があり、筋肉がそれぞれの口を閉じています。

胃袋の大きさ

食事をして中が満たされると、個人差はありますが1〜1.5リットル程度の大きさまで膨らみます。

胃の運動と消化

胃に食べ物が送られてしばらくすると、胃の蠕動運動(ぜんどううんどう)が始まります。胃の上部(胃底部)から幽門に向かってゆっくり波打つように動くことで、胃内の食べ物がかくはんされ、胃液と混ぜられてドロドロの状態(粥状)になります。

自律神経による調節

副交感神経(迷走神経)は蠕動運動を促進し、交感神経は逆に蠕動運動を抑制します。ストレスなどで交感神経のはたらきが強くなると、胃の蠕動運動が低下し、胃もたれや消化不良の原因となります。

ホルモンによる調節

また、消化管の粘膜にある「内分泌細胞」から分泌される、ガストリンなどの消化管ホルモンによっても胃の運動は調節されます。

胃液のはたらき

胃腺の構造

胃液は強い酸性(pH1〜2)で、胃粘膜にある「胃腺」から分泌されます。一日に約1〜3リットル作られ、主成分は塩酸、ペプシノーゲン、粘液となります。

塩酸(胃酸)

胃の中に入ってきた細菌やウイルスを殺菌消毒し、感染症などから身を守っています。また、消化酵素ペプシンの元となる「ペプシノーゲン」を活性化させます。

ペプシノーゲン

塩酸の作用によって、ペプシノーゲンからペプシンという「消化酵素」へと変化します。ペプシンはタンパク質を分解する作用があります。

粘液

ムチンと呼ばれる粘液が、胃の内面を覆い塩酸から胃粘膜を守ります。粘液の量が減ったり塩酸の量が多くなると、胃潰瘍の原因となります。

胃液の調節

蠕動運動と同様に、胃液の分泌も自律神経とホルモンによって調節されています。

  • ガストリン :胃の幽門線から分泌され、胃液の分泌を促します。
  • セクレチン:十二指腸から分泌され、胃液の分泌を抑制します。

胃液の分泌は、頭相・胃相・腸相の3相に分けられます。

  1. 頭相(とうそう):視覚や嗅覚を通して食欲が刺激され、反射的に胃液の分泌が促進される段階です。グルメ番組を見てるとお腹が空いてくる時などはこの段階です。
  2. 胃相(いそう):胃に食べ物が入り物理的に胃壁が伸ばされたり、食べ物の中にある化学物質によって刺激され、胃液分泌がおこります。食事中の胃液の大部分はこの「胃相」で分泌されます。
  3. 腸相(ちょうそう):胃の内容物が十二指腸へと送られ、十二指腸からセクレチンなどのホルモンが分泌され、胃液の分泌が抑制されます。
トップへ戻る