はじめての方へ

ぜん治療院公式サイトにお越しいただき、有り難うございます。

初めて行くお店というのは、少々緊張するものですよね。それが、マッサージサロンや治療院であればなおのこと。このページでは、初めてお越しいただく方の不安や疑問を、少しでも解決するために作成しました。

<目次>

全体の流れ

カレンダーからネット予約
2つのコースから、ニーズに合わせて選択できます。
来院
ご予約日時に来院。初めてだと少々わかりにくい場所にありますので、ぜん治療院へのアクセスをご覧ください。
カウンセリング
問診票にご記入いただき、お話をじっくり伺います。
施術
施術中も、思い出した症状や気になるところなどがあれば、お気軽にご相談ください。
終了
前後の身体の変化の確認や、今後の施術についてなどお話します。天然水サーバーを設置してますので、お水(白湯)もご自由にお飲みいただけます。
次回のご予約
ご希望と必要性に応じて、次回分のご予約もおとりいただけます。もちろん、日程が決まってから、後日ネット予約でもOKです。

こんな症状の方が通っています

心と身体は相互に作用します。精神的ストレスからくる肩こりや便秘、肉体的な疲労からくる自律神経の不調など、その原因は様々です。

特に多い症状

自律神経失調症、便秘、肩こり、首こり、頭痛、過敏性腸症候群(IBS)、不眠、うつ病、慢性疲労、無気力、ストレス、不安感など

他、よくみる症状

腰痛、生理痛、月経前症候群(PMS)、目の疲れ、ガスがたまる、冷え症、脚のむくみ、パニック障害、坐骨神経痛、胃もたれ、胃の痛み、緊張しやすい、肥満・体重の増加、背中の張り、ふらつき、食欲不振、下痢など

施術内容

一人ひとりの心と身体は「個性」を持っています。症状、体格、性別、年齢、生活習慣が違えば、施術の方法も「一律」では対応できません。

施術内容は、全体を通してほぼ指圧(マッサージ)ということもあれば、身体にほとんど触らずに、気功やヒーリングがメインとなる施術もあります。

お話をじっくり伺った上で、心と身体にマッチした最適な施術を行うよう努力しています。

施術の一例

気になるところ肩こり、ストレス、頭痛、便秘、情緒不安定など自律神経の不調など

1.  ふだんの状態のチェック

座った状態で、肩の筋肉の緊張度合いや肩甲骨の開き具合など、ふだんの姿勢をチェックします。身体からの情報を受け取ります。

2. うつぶせで気功、背部の指圧

うつぶせで寝ていただき、背中に手をあて、気功を施します。そのまま手のひらを使ってゆっくり圧をかけ、経絡の流れに沿ってツボへの指圧を入れていきます。

3. 肩から腕、太ももやふくらはぎ

背中をゆるめると、全身の緊張がほぐれてきます。緩んだところで、肩、腕、腰、骨盤周りの筋肉をほぐしていきます。太もも、ふくらはぎ、足裏も指圧をします。

4. あおむけで指圧、按腹(あんぷく)

あおむけになって頂き、大事なツボが集中している手足の指圧や、按腹(あんぷく)を行います。ぜん治療院では特に、気功をしながら按腹をすることで、冷えを取りながらより効果的に自律神経のバランスを整えていきます。

5. 首・頭の指圧

あおむけのまま、首と頭の指圧・マッサージを施します。首は肩こりや首こりはもちろんのこと、頭痛に効くツボや、自律神経を調整するツボがたくさん存在しています。

6. 全身のヒーリング

指圧が一通り終えたあとは、全体にヒーリングをしていきます。エネルギーの中継ポイントとなる「チャクラ」や「エーテル体」を意識し、頭からつま先まで気を流し、全体の調和をはかります。

7. 座って施術を仕上げます

ゆっくり起き上がって頂き、ベッドの上に座ってもらいます。そのまま肩をほぐし、ポンポンと肩周りを叩き、最後は背中を手のひらでスッと撫でて軽擦し、施術終了となります。

ぜん治療院からのお願い

施術を受けられる上で、ぜん治療院からのお知らせとお願いです。

香水の使用について

院内はリラックス効果を高め、自律神経の緊張をゆるめる、ラベンダーのアロマオイル(富良野産)を焚いております。来院の際は、香水の使用はなるべくお控えいただくと助かります。

髪の乱れ、お化粧崩れについて

施術内容にもよりますが、うつぶせになったり、頭の指圧(マッサージ)などで、ヘアスタイルやお化粧が崩れてしまう場合がございます。あらかじめご了承ください。

なお、ベッドの枕と口元には、肌触りの良い使い捨ての専用シートを敷いています。

院長ごあいさつ

院長 あかさか

はじめまして。ぜん治療院は、札幌市手稲区にあるベッド一台の小さなサロンです。

受付から施術、メール対応、アフターフォロー、ウェブ制作に至るまで、ぜん治療院の仕事のすべては、院長あかさかが一人で行なっています。長年多くのクライアントを見てきて思うことは、症状の根底にあるのはストレスによって引き起こされる心と身体の「こり」だということ。

その「こり」ができることによって、ますます気の流れが悪くなり、心身の健康を損なってしまっています。心と身体に不調を引き起こす「こり」をほぐすこと。そして「こり」をつくらない生活を送ることが、人が健康に楽しく、幸福に生きていく秘訣だと考えています。

それには、物質(肉体)だけ見ていては、いつまでもゴールにたどり着けません。なぜなら、「気」や「エネルギー」といった、目に見えない領域にこそ癒しの本質があるからです。人間が天気を変えられないように、僕自身は身体という自然を何一つ「治す」ことはできません。できることは、施術によって自然治癒力の手助けをすることです。

一人ひとりの中にある、自然治癒力の発動が全てなのです。指圧や気功は、そのスイッチを押す手段のひとつに過ぎません。生活習慣の改善や、思考の整理、感情の浄化など、施術以外にもできることはたくさんあります。ぜん治療院は、心と身体の健康と、さらに魂の向上を目指す方々のために存在します。

何か感じるものがありましたら、ぜん治療院へお越しください。このページをご覧になっているあなたにお会いできることを、心から楽しみにしています。

院長あかさかの、もう少し詳しいプロフィール

FAQ(よくある質問)

どんな人が通っていますか?

現在、「約71%が女性」となっています。(2018年6月時点)
20〜50代を中心に、幅広い年齢層の方にお越しいただいています。

症状は、自律神経失調症、便秘、肩こり、過敏性腸症候群(IBS)、頭痛、腰痛、生理痛、PMS、うつ、難聴、ストレス、めまい、慢性疲労他、各種不定愁訴を抱えた方が来院されています。

土日も受付してますか?

月曜日定休のほかに、不定休があります。受付していることの方が多いですが、土日祝も休みのことがありますのでカレンダーでご確認ください。

予約しないで行っても大丈夫ですか?

一人ひとりの時間を大切にするため、当院は「完全予約制」となっております。必ず、ネット予約などで事前に予約をしてからお越しください。

お腹のマッサージ(腸もみ)って痛いですか?

ガスや便が溜まっていると多少痛みを伴うことがありますが、我慢できないほどの痛みではありません。圧は最初弱めで、痛みを確認しながら少しずつ固い部分をほぐしてきます。

お腹には骨がなく、すぐ下に内臓があるデリケートな場所です。施術の圧加減、指圧部位には細心の注意を払っていますので、ご安心下さい。

どのくらいのペースで通えばいいですか?

からだは自然なものなので、原則「自分の心と体と相談」です。 体の声を聴きながら「調子が悪くなる前」や、「行きたいとき」が通うサインと考えるといいでしょう。

定期的に通われている方は、「月1〜3回ペース」が多いです。

短期間で集中的にケアしたい時は、ある程度変化が見られるまで (3~7日)程度空けながら通うのも効果的です。 改善されたら少しずつ間隔を空けて、ご自分のリズムを見つけてご利用下さい。

駐車場はありますか?

治療院裏に専用駐車場(無料)がございます。詳しくはぜん治療院のアクセスのページを覧下さい。

どんな服装で行けばいいですか?

ご自身がリラックスできる服装でお越しください。大きな動きを伴うような施術は少ないので、多くの場合はそのまま施術をしますが、着替えを持参して院内で着替えても結構です。

また、スウェットパンツ(女性用のみ)の貸出もしていますので、必要な方はお気軽にお申し付けください。

2人同時の施術は可能ですか?

セラピスト1名の治療院ですので、お待ち頂くことになります。

保険は使えますか?

当院では治療方針により自費診療(現金)のみとなっております。予約前にご質問も受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

施術前のメール相談も受付しています。こちらからお気軽にどうぞ。

トップへ戻る